もらって嬉しい内祝い。でも自分が贈る立ち場になった時、内祝いの意味や選び方が分からないと困ってしまいますよね。内祝いに詳しい家族がいなくても大丈夫!内祝いの基本的な知識は、ここでサクッと学んでみましょう。

家族にも教えたい!内祝いの基礎知識

内祝いの本来の意味を知らないと、とんでもない時期に贈り物をしてしまう可能性も。内祝いの基本的な知識はしっかり学んでおきたいところ。内祝いの意味や種類を知って、相手に失礼のない贈り方をマスターしましょう。

そもそも内祝いって?お返しとは違うの?

もともとの内祝いの意味は、身内のお祝いという意味合いがありました。そのため、何かおめでたいことがあった時には、親族をはじめ近所の人たちにお祝いを自主的に配り、おめでたいことを共有するという意味合い…

どんな時に贈る?こんなにある内祝いの種類

内祝いの本来の意味をご存じですか?内祝いは、家におめでたいことがあった時に喜びを分かち合うという意味を持っています。お世話になった方や親戚、近所の人に贈り物をして喜びのおすそ分けをしたのですね。頂…

内祝いの金額の目安は?贈るタイミングも大切!

知っておくべき内祝いのポイント

子供の出産祝いであったり、結婚でのお祝いをもらったあとに行っておくのが内祝いです。大人であれば当然知っておかないといけないものですが、単に内祝いを贈れば良いというものではありません。内祝いではどれくらいの金額のものをお返しとして渡す必要があるのか、どのタイミングで贈るのがベストなのかなど、きちんと大人として覚えておかないと行けないことがあります。まずは、どのくらいの金額のものを内祝いとして用意しておくべきかですが、これはいただいた金額によって異なります。一般的にはいただいた金額の半額程度のものを内祝いとして贈るのが作法です。高すぎても良くないですし、低すぎても良くありませんから注意して購入したいです。

どのタイミングで内祝いを渡すか

内祝いはお祝いをいただいたお礼として渡すものですから、お祝いをいただいてからできるだけ早い段階で渡さなくては失礼になります。具体的にはお祝いをいただいてから一ヶ月以内には渡せるように早めに準備をしておきましょう。わざわざ一ヶ月待つ必要はありませんので、お祝いをいただいてから2週間後でも問題ありません。ありがとうございましたという感謝の気持ちを渡すことになるので、早いほうが良いです。どんなものを渡すのが良いのかは贈る側の考え方次第ですが、相手に喜ばれるものを贈るのが一番良いわけですから、何かものを決めて贈ってあげるよりは、カタログギフトのようなものを内祝いとして贈ってあげたほうが喜ばれるでしょう。

覚えておくと慌てない!かしこい内祝いの選び方

誰かにプレゼントを贈る時、相手に喜んでもらえそうなものを選びますよね。内祝いを選ぶ時も、相手のことを考えて品物を選びましょう。贈り物にふさわしくない品物や喜ばれる品物を事前に把握しておけば、慌てずにゆっくり内祝いを選ぶことができますよ。