そもそも内祝いって?お返しとは違うの?

変わりゆく内祝いのかたち

もともとの内祝いの意味は、身内のお祝いという意味合いがありました。そのため、何かおめでたいことがあった時には、親族をはじめ近所の人たちにお祝いを自主的に配り、おめでたいことを共有するという意味合いが強かったのです。お祝いの品を配ったり、宴席に招待することが広く行われていたのです。そのため、もとの内祝いでは自主性が尊重されていました。しかしながら、いつしか内祝いはおめでたい事があった家庭が、お祝いを頂くという受身の姿勢に変わったのです。結婚や出産などのお祝いを周囲から祝ってもらい、そのお返しをすることが現代の内祝いとして定着しています。内祝いも時代の変化とともに形を変えて、お返しという形に落ち着いたのです。

内祝いの基本は「半返し」

現代の内祝いでは、お祝いを自主的に配るのではなく、お祝いを頂く形になりました。内祝いが時代に合わせて形を変える中で、マナーが生まれたのです。それは、内祝いは半返しが基本となるということです。内祝いでは、基本的にお祝いを頂いた金額の半分をお返しすることがマナーであるとされています。内祝いをする場面というのは、出産や結婚、それに新築祝いを頂いたときにもそれに該当します。今ではインターネットがあるので、ネットで検索すれば頂いた商品がだいたいどれくらいの値段なのかを調べることができます。大体の金額を調べることができたら、お返しをする際にはその半額程度のものをお返しするようにします。高額すぎても少額過ぎてもマナー違反になるので注意が必要です。